某大家の会長の投資&旅行日記

某大家の会で名ばかり会長やってます。大家業と大家の会での直近情報と個人的な株ネタ、またゴールドコーストなど旅行ネタを書きます。

属性が高いというネックポイント

いつも役に立つのか立たないのかわからない当ブログを見ていただきありがとうございますm(_ _)m
不動産投資 ブログランキングへ
いつも役に立つのか立たないのかわからない当ブログを見ていただきありがとうございますm(_ _)m


不動産投資 ブログランキングへ


不動産投資において、物件を買う際に必ずと言っていいほど付きまとうのが「融資」。「融資」。そう融資です。。。。

今回は特に上場企業にお勤めの年収800万オーバーでキャピキャピしているサラリーマンの方がいらっしゃれば、その方が対象のネタです。

最近の金融庁から各銀行への融資指針としては「属性ではなく物件の返済力(担保力)!」とのことですが、結局はまだ変わっておらず融資テーブルにおいては余程の実績がない限り、「法個一体の属性+物件担保力」で見られます。

つまり言い換えますと、物件担保力が無くても個人等の属性力でカバーして融資が通るんです。
これ当たり前のことのようですが結構真意をつかんでいる人が少ないのです。
これが落とし穴でもあり、諸先輩方から聞いてる限り不動産投資でよく失敗するのが高属性の方々という裏付けにもなります。

属性が高いと、物件担保力がなくても、それを属性力でカバーしちゃうので糞物件でも買えちゃうわけです。
実例で説明していくと、最近話題になっている○ノケンさんや○ンベスターズ○ラウドさんなどの「新築アパート経営!デザイナーズマンションであなたも大家さんになって不労所得を得ましょう!」ってネタ。いや~CM見ると自分もほしいっすよwwあんなオサレな物件(´・ω・`)

どちらの企業もターゲットは主に高属性サラリーマンです。HPなどから相談を申し込む際に「年収」を聞かれてます。皆までいいませんけど、言いたいことは察してください。

別に同企業さんが提供するものなどすべてが悪いわけではありません。高属性という聖杯を持っているが故に「融資が通れば(物件も)問題ない」的な発想にならないように気を付ければいいのです。