某大家の会長の投資&旅行日記

某大家の会で名ばかり会長やってます。大家業と大家の会での直近情報と個人的な株ネタ、またゴールドコーストなど旅行ネタを書きます。

こんな管理会社は糞ですので切りましょう

いつも役に立つのか立たないのかわからない当ブログを見ていただきありがとうございますm(_ _)m
不動産投資 ブログランキングへ
いつも役に立つのか立たないのかわからない当ブログを見ていただきありがとうございますm(_ _)m


不動産投資 ブログランキングへ



不動産投資で大半の方がお世話になる「管理会社」。 ちゃんと選んでますか?

「任せてたら安心」なんて大間違いです。確かに管理会社はオーナーとパートナーではありますが、事業と考えると、大家と管理会社は利益相反するポジションにいることを覚えておいてください。

どういうことか。単純ですが以下のケースです。

① 大家:管理費用を安くしたい ⇔ 管理会社:管理費用をがっつり取りたい

② 大家:賃貸募集はどこの業者からでもよいので幅広く告知してほしい ⇔ 管理会社:自分のところで賃付けしてAD(広告料)総取りしたい

③ 大家:退去時のリフォーム費用を抑えたい ⇔ 管理会社:提携先のリフォーム業者を使ってマージン取りたい


ざっくり言えば、こんな感じでしょうか。 わかりますよねww 要は任せていたら折角の家賃収入が吹っ飛びます。
では、どうするか?  簡単です。管理委託契約時に確りと、ポイントを押さえて封じ込めてしまいます。

①の場合、業者選定時に1社だけでなく複数の業者と相談します。ただし安かろう悪かろうということもあるのでサービス内容と評判は確認しておきます。

②の場合、客付が自分(オーナー)でもできるようにしておきます。以前ブログに書きましたが、客付の案内FAXはvalley自身も流しています。管理会社とダブルで告知することで認知度が一気に高まります。ただし、ADについては事前に管理会社と相談して他社が決めた場合についての支払いを決めておきましょう。

③の場合、これも契約時に自分の知り合いの業者が使えるか確認しておきます。無理なら知り合いの業者から原状回復費用の見積もり一覧もらって、「これと同じにしろ、マージンは取るな」くらいの発言はしておきましょう。


と管理会社に厳しく言っていますが、あくまでパートナーでもあります。しっかり仕事してもらった時はお菓子など謝礼を適宜持って行って良好な関係を保つことも大事です。