某大家の会長の投資&旅行日記

某大家の会で名ばかり会長やってます。大家業と大家の会での直近情報と個人的な株ネタ、またゴールドコーストなど旅行ネタを書きます。

公正証書作ってまいりました。

いつも役に立つのか立たないのかわからない当ブログを見ていただきありがとうございますm(_ _)m
不動産投資 ブログランキングへ
いつも役に立つのか立たないのかわからない当ブログを見ていただきありがとうございますm(_ _)m


不動産投資 ブログランキングへ



できました~! 公正証書(*´ω`*) 

公正証書作るのは、実は以前の仕事で遺言の作成をしていたこともあり公証役場に行くのは慣れているのですが実際に当事者になると雰囲気変わりますね。

と、今回は例の太陽光業者との間で結んだ損害賠償請求に関する公正証書です。 

太陽光業者からは「〇〇までに違約金の支払いと工事の完工は終わらせます」と覚書を差し入れてもらっていますが、実はネットなどで見ればわかりますが覚書自体はあまり法的な効力は得られませんし、裁判になった際に1参考資料とはなり得ますが、絶対的な効力は持ち合わせていません。

また、今回の件で一番私が危惧したのが相手方が自己破産処理をした場合に債権が帳消しになること。つまり払ったお金が戻ってこないケースがあり得ましたので、先方に色々詰めて詰めて、詰めまくって今回のケースを契約当初から悪意を持って契約したこと。などを申告させて公正証書に「非免責債務」の文言を入れてもらいました。

非免責債務とは、、トレーダーの皆様にはよくご存知の追証払えなかった場合の借金など、自己破産しても帳消しにならないもの。

勿論、公正証書に謳っても裁判になった際に必ず発動するものではなく裁量免責になる可能もありますが、少なからず優位に持っていけます。

人のお金を勝手にパクって逃げるのは許されないわけで、「生かさず〇さず。一生涯支払って償え」ですね(´・ω・`)