某大家の会長の投資&旅行日記

某大家の会で名ばかり会長やってます。大家業と大家の会での直近情報と個人的な株ネタ、またゴールドコーストなど旅行ネタを書きます。

(特に建売新築)住宅を購入する際に気を付けること

いつも役に立つのか立たないのかわからない当ブログを見ていただきありがとうございますm(_ _)m
不動産投資 ブログランキングへ
いつも役に立つのか立たないのかわからない当ブログを見ていただきありがとうございますm(_ _)m


不動産投資 ブログランキングへ


まぁ、不動産の知り合いが見たらバッシング来そうですけど。。。

住宅ローンが超低金利なので実需の不動産も凄い勢いで売れているようです。
ということで、今回はFPチックなネタ。

建売の新築戸建てを購入する際など、基本売主は建てた「業者」になります。

その建てた業者から直接購入する際は仲介手数料は掛かりません。 これが分かっている人が多いようで実は少ない。

つまり同じ物件でも建てた業者から買うのか仲介業者から買うのかで購入金額が大きく変わってくるってことです。

■売主(建てた業者)→買主(個人) 仲介手数料不要
■売主(建てた業者)→仲介業者(近くの不動産業者)→買主(個人) 仲介手数料必要


新築戸建てを仲介して買う意味って全くと言ってありません。この辺りが不動産の闇っすよね。

中古住宅の場合は、売主、買主が基本個人になり、間に不動産業者を介するので仲介手数料がかかるのはわかります。(高いけど)しかし、今回のような新築の建売のケースは注意です。

例えば、今回見積もりで作ってもらった資料、ご覧ください。

無題

3000万近くの物件を購入する際に仲介手数料は100万ほどかかるわけで、これが抜けるってことはかなりプラスですよね。
後、ついでに見積もりの中で行っておくと、融資申請代行費用という糞項目があります。これはただ銀行融資を不動産業者に依頼するだけですが、自分でやりましょう(笑)
手間もかからないのに10万ってボッタくりですわ。

では、元売りの業者を探すにはどうするか?ネットで調べてもなかなか出てきません。知り合いに不動産業者の方がいればレインズで調べてもらうのが一番手っ取り早いです(その方には御礼をお忘れなく)